反響室の中と外

反響室の中と外

Twitterまとめや書ききれなかったこと、映画の感想、日々の妄言等々。

2021年上期のふりかえり

2021年というか2021年度開始からとりあえず7月下旬まできて、ひとまずようやっと区切りがつきそうです。まだ月末にえぐい仕事が一件残っているがそれの準備はひと通り済ませたのでよしとする。 個人情報をなんでもペラペラ喋るアカウントなのですでにオンラ…

#映画好きの20題 をやってみる

敬愛する友人のひとりであるFIGAROさんによる巷で大好評のお題 #映画好きの20題 、遅ればせながら私も参加させていただきます。お題の性質上全部は無理なんですが、答えられるものはできるだけドキュメンタリー映画で固めてみることにしました。こ、こじつけ…

『マルモイ』から再度イ・ヨンスク『「国語」という思想』を見渡す(短評)

2019年の韓国映画『マルモイ ことばあつめ』(原題:말모이)は、1942年に起きた朝鮮語学会事件を主題に取り、日本による韓国併合から第二次大戦終戦(日本の敗戦・韓国の主権回復)まで行われた朝鮮語弾圧とそれに対する抵抗を描いた作品である。映画の内容…

A.ヘス『レストラン「ドイツ亭」』及びB.ポムゼル&T.D.ハンゼン『ゲッベルスと私』短評

読んだ順は間を置かずに前者→後者。ただし前者を読みはじめる1週間ほど前に後者の書籍と同じ制作チームが撮影した同名のドキュメンタリー映画を視聴している。この映画を視聴するに至った動機のひとつとして前者の出版情報があったため、どちらが先、という…

C. C=ペレス『存在しない女たち』批判的感想

www.kawade.co.jp 前評判がよく、早めに読んでおこうと手に取ったのだが、引っかかる点が多かった。問題の柱は3つ、そのすべてのベースとしてひとつの大きな懸念がある。いくつかは構造的問題であって直接この本即ち著者に責任をすべて帰すものではないが、…

2021年(年度?)のなんとなしの目標の話

この夏に迎えて2年になるエアプランツ勢です。今年も元気に過ごしてほしい。 こんばんは。あけましておめでとうございました。毎年目標など立てることもなければ一年の終わりの総括もせずだらだらと生き延びられればまるもうけ的生活を送っていたし今回も目…

2020年に読んだ本の一部の所感

2020年の6月くらいからやるやると言いながらまとまるかどうかわからなかった読書紹介文、できました。 学生の頃は日本の現代小説をよく読んでいたのですが就職後はとんとご無沙汰になり、いろいろあって現在の環境に落ち着いた2019年に14冊しか本を読まなか…

2020年に読んだ本リスト #2bks1m

1. 批評・学術・ルポ と 2. エッセイ・自伝・啓発 の区切りはかなり曖昧で個人のバイアスが入っています。その点ご容赦ください。また、ジャンルごとに分類したほうがいいかどうか迷ったのですが、それもだいぶ恣意的になりそうなので見送りました。気になっ…

韓国朝鮮語学習と自分、言語を通して見えるもの

この記事は、昨年も参加させていただいた、はとさん @810ibara によるウェブ企画「ぽっぽアドベント」の17日①の担当記事です。今年はアドベントカレンダーが3つ立てられていて、同日にはたっくまさん、まっくるGさんもご担当されています。共通テーマは「変…

「復讐」はDVを解決するのか?(否)及び、フィクションと社会問題のこと

※ドメスティックバイオレンスがどのようなものかについて概要を記載しています。ご注意ください。 虐待されてきた女性が男を殺すというプロットはよく見るしそれが物語上の解決策や救済として演出される作品も少なくないという体感はあるが(例示する気力は…

【アマチュア和訳】Chanel Miller and Evan Rachel Wood Unearth the Aftermath of Sexual Assault

ハーパーズバザールが2019年末に企画・連載していた対談・インタビューシリーズ「Women Who Dare」のうちひとつ、シャネル・ミラー氏とエヴァン・レイチェル・ウッド氏の女性への(性)暴力に関するトークです。現時点で公式の日本語訳が出ていないため、自…

小説の書きかた・サンプルn

フォロイーさんやそのご友人が小説の創作スタイルについてかなり細かく記載してらして大変興味深く拝見した。そして自己顕示欲の強いオタクの常、そうしたものを拝読していると我が身も振り返って考察してみたくなるものである。というわけで聞かれてもいな…

『ダンサー そして私たちは踊った』/表現をするということ

Title: And Then We Danced (2019)Countries: Sweden, Geogia, FranceDirection: Levan AkinWriting: Levan AkinCinematography: Lisabi FridellEditing: Levan Alin / Simon CarlgrenProduction Design: Teo Baramidze 「踊るのが好きなのか?」と、あえて…

私を(または、私が)動かしたもの:What Are You Gonna Document?

【目次】 はじめに前編(約9,500字)1. 私とドキュメンタリー映画祭2. 山形国際ドキュメンタリー映画祭について2-1. 概要2-2. 山形、行ってみた感じ3. 映画祭のいいところ3-1. ドキュメンタリー映画というプラットフォーム3-2. クリエイターと観客の距離の近…

Things didn’t happen to me

*Caution* This post describes a situation of sexual harassment explicitly. It may affect you mentally, especially if you have any experiences of sexual abuse. It’s about a kind of #MeToo , which I underwent, or, didn’t go through. I’d been…

『天才作家の妻』/None of your business, but,

Title: The Wife (2017)Countries: UK, Sweden, USADirection: Björn L RungeWriting: Jane Anderson (Screenplay)Cinematography: Ulf BrantåsEditing: Lena RungeProduction Design: Mark LeeseMusic: Jocelyn PookBased on: “The Wife” by Meg Wolitzer …

2歳児、勤続20年

先日友人たちと遊びに出かけたときにものすごい気づきを得たので書き残しておく。ちなみにただの愚痴である。しかも思い出し愚痴というどうしようもないジャンルの散文である。人様の役にはたぶんあまり立たないので、時間を無駄にしたくない人はウィンドウ…

『あさがくるまえに』感想

Title: Réparer les Vivants / Heal the Living (2016)Countries: France, BelgiumDirection: Katell Quillévéré Writing: Katell Quillévéré, Gilles TaurandCinematography: Tom HarariEditing: Thomas MarchandMusic: Alexandre Desplat Original Novel: …

『女は二度決断する』/大きな悪意を前にしてあなたは

Title: In the Fade (2017)Countries: Germany, FranceDirection: Fatih AkinWriting: Fatih Akin (written for screen by), Hark Bohm (co-author)Cinematography: Rainer KlausmannEditing: Andrew BirdMusic: Josh Homme 【定型文】本文の前に:・このブ…

遡る話

映画の話がまったく絡まない、個人の回顧録(悔悟録とも言う)です。セルフコーピングにつきさらっと読み流してやってください。 予想以上にまだまだ整理がついてませんが書いただけでもよしとしよう。

『レヴェナント』/副産物としてのかの男の話

Title: The revenant (2015)Countries: USA, Hong Kong, TaiwanDirection: Alejandro G. IñárrituWriting: Mark L. Smith, Alejandro G. IñárrituCinematography: Emmanuel LubezkiEditing: Stephen MirrioneMusic: Ryuichi Sakamoto, Alva NotoBased on: “T…

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』/冒険活劇の終わり

Title: Star Wars: Episode VIII - The Last Jedi (2017)Country: USADirection: Rian Johnson Writing: Rian Johnson, George Lucas Cinematography: Steve YedlinEditing: Bob VernieuMusic: John Williams 【定型文】本文の前に:・このブログの映画感想…

大好きなMMFRのこと、その理由

Title: Mad Max: Fury Road (2015)Country: Australia, USADirection: George Miller Writing: George Miller, Brendan McCarthy, Nick Lathouris Cinematography: John Seale Editing: Margaret Sixel Music: Junkie XL 【定型文】本文の前に:・このブログ…

2017年映画鑑賞記録

(新作) 1月ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 /Freeheld (2015 US)ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男 /Releve: Histoire d'une creation (Reset) (2015 France)ストーンウォール /Stonewall (2015 US)ヒトラーの忘れもの /Under sandet (Land of Mine) (…

「女神の見えざる手」/焼き尽くす人

Title: Miss Sloane(2016)Country: USADirection: John Madden Writing: Jonathan Perera Cinematography: Sebastian BlenkovEditing: Alexander BernerMusic: Max Richter 【定型文】本文の前に:・このブログの映画感想記事は個人の所感を記録することに特…

「ウォーリアー」/拗れた世界の最適解

Title: Warrior (2011)Country: USADirection: Gavin O’ConnerWriting: (Screenplay) Gavin O’Conner, Anthony Tambakis, Cliff Dolfman /(Story) Gavin O’Conner, Cliff DolfmanCinematography: Masanobu TakayanagiMusic: Mark Isham 【定型文】本文の前に…

「ダンケルク」/ヴォイド

Title: Dunkirk (2017)Countries: UK / USADirection: Christopher NolanWriting: Christopher NolanCinematography: Hoyte Van HoytemaMusic: Hanz Zimmer 【定型文】本文の前に:・このブログの映画感想記事は個人の所感を記録することに特化しています。…

「否定と肯定」/相手の土俵に上らない

Title: Denial (2016)Countries: UK / USADirection: Mick Jackson Writing: David HareCinematography: Haris Zambarloukos Music: Howard ShoreBased on: Deborah Lipstadt "History on Trial: My Day in Court with a Holocaust Denier" 本文の前に:・こ…

俳優と洋画クラスタと自分

「俳優」という仕事をする人たちへの自分の姿勢についてまとめてちょっとばかし。 決して他の方を批判する意図はないことを前置きさせてください。 俳優さんの容姿にあまり興味がない。美醜の基準がよく分からないので「推し」も特にいない。 俳優さんが表現…

『ジョン・ウィック』/祟りとしてのジョン・ウィック

本文の前に:・このブログの映画感想記事は個人の所感を記録することに特化しています。・基本的に公式宣伝やインターネットなどで触れられるあらすじについて改めて言及しません。数多ある感想ブログの中ではかなり不親切な部類に入ると予想されます。・息…