反響室の中と外

反響室の中と外

Twitterまとめや書ききれなかったこと、映画の感想、日々の妄言等々。

【アマチュア和訳】Chanel Miller and Evan Rachel Wood Unearth the Aftermath of Sexual Assault

 ハーパーズバザールが2019年末に企画・連載していた対談・インタビューシリーズ「Women Who Dare」のうちひとつ、シャネル・ミラー氏とエヴァン・レイチェル・ウッド氏の女性への(性)暴力に関するトークです。現時点で公式の日本語訳が出ていないため、自分で翻訳しました。適正な報酬を得て翻訳してくださっているプロのかたがおられる場合、このエントリを下げますのでお知らせください。

 素人の訳であること前提でご覧ください。誤訳訂正大歓迎です。@tomoi_002 までお願いします。

 

【訳者より紹介】

シャネル・ミラー

 アメリカ合衆国の作家・アーティスト。2015年にスタンフォード大学生のブロック・ターナーより性的暴行を受ける。(ターナーは裁判にて3年の保護観察付き6ヶ月の刑、及び生涯性加害者として記録されると評決。実際は3ヶ月で刑期を終えた)

 2019年9月、上記を扱った自伝『Know My Name』を上梓。この出版において初めて自身の名前を明かした。この著作で全米批評家協会賞を受賞。

 

エヴァン・レイチェル・ウッド

 アメリカ合衆国の俳優・モデル・ミュージシャン。2016年、過去の交際相手からのDVを告白、2018年にはアメリカ議会下院にて自身のDV・性暴力被害について証言。2019年カリフォルニア州議会にキャンペナーとして「フェニックス法案」(DV被害者が訴えを起こすまでの時効を10年に延長する法案)を提出。法案は議会を通過し、2020年に施行される。

 


Women Who Dare

https://www.harpersbazaar.com/culture/features/a29554899/chanel-miller-evan-rachel-wood-women-who-dare/

 

For our 2019 Women Who Dare series, Chanel Miller, the author of Know My Name, and Evan Rachel Wood, the creator of the Phoenix Act and the #IAmNotOk movement, open up about society's perverse expectation of the perfect victim, how the justice system is failing sexual assault survivors, and why we need to start measuring trauma.

2019 Women Who Dare シリーズのために、自伝『Know My Name』の著者であるシャネル・ミラー、Phoenix Act(カリフォルニア州議会を通過した、DV被害の訴えの時効を延長する州法案)と#IAmNotOkムーブメントの立役者であるエヴァン・レイチェル・ウッドが、社会による「完璧な被害者」像へのねじれた期待、いかに司法が性暴力の被害者を取りこぼしているか、そしてなぜトラウマを測ることが必要なのかを語った。



Evan Rachel Wood: There is an expectation that survivors have to maintain some kind of composure or some certain way of being for the public to feel that they are an acceptable victim. One of the scariest parts for me about coming forward was a smear campaign, or slander, or someone trying to discredit my experience because it's very re-traumatizing when that happens. No one knew I was being abused, but when the abuse was happening, in the press, it was so traumatic; they were calling me a whore, they were calling me crazy, and they were calling me names before I'd even said anything. I felt like my credibility had already been destroyed, so it made it very difficult to come out during that time. My greatest fear was when I eventually said something, that all of that was going to repeat itself. I was really scared.

エヴァン・レイチェル・ウッド:世間一般には、サバイバーたちは一定の冷静さを保っていること、もしくは世間から見て「受け入れられる被害者」のように感じさせる必要があることを求められています。私にとって、被害の公表にあたっていちばん怖かったことのうちひとつは、ネガティブキャンペーン、中傷、私の身に起こった事実を矮小化しようとする人の存在でした。なぜならそれは、私のトラウマを更に悪化させるものだったから。誰も私が虐待されていたと知らなかったのに、プレスの前でそれを明らかにしたとき、反応はとてもひどいものでした。彼らは私を娼婦と呼び、気が狂っていると言い、なにか一言発する前でさえ私を侮辱しました。私は自分の信用が完膚なきまでに叩きのめされたと感じて、その無力感は当時この経験を話すことをとても難しくしました。いちばんの恐怖は、私が何か言うたびに、それらすべてが同じように繰り返されること。ほんとうに怖かったんです。


I blamed myself, because I was "misbehaving," because I was doing things I wasn't supposed to, I was inappropriate, I was this, I was that. But none of that means I deserved what happened to me. It's important to say I'm not a perfect person, I haven't been a perfect person—no one has been, and the punishment should not be torture for being imperfect. I don't want to present myself to the world like I'm this pure being; I'm just me and I've made mistakes. But I know what happened to me—and I'm very clear about this—it wasn't my fault. I'm still very scared to talk about it, but I know that it's important because of this idea that you have to be this perfect being that's never done anything wrong for anybody to take you seriously.

自分を責めました。私は「適切に振る舞わなかった」、自分で望んでいないことを自らやった、適切でなかった、ああだった、こうだったと。でもそれらすべてが事実でも、だからといって私に起こったことはその報いではありません。私は完璧な人間ではないし、完璧な人間だったこともありません──誰もがそうでしょう、そして、罰とは、不完全であることに対する拷問であってはなりません。そう言葉にするのは大切なことです。私は世界に対して自分自身を一切の不純物のない存在として見せたいわけではありません。私はただの私で、たくさん失敗をしてきました。けれど私は、とてもはっきりと、それでも私に起こった出来事は私の失態ではないとわかっています。今でもこれについて話すのはひどく怖いことですが、けれど、この、人々に話を真剣に聞いてもらうためには一切の瑕疵のない完璧な人間でいなければならないという考えを打ち壊すのが、とても重要なことだとわかっているんです。


Chanel Miller: I hate that credibility is never a given, that it seems it has to be earned, that in order to earn it, we have to prove that we can be levelheaded and obedient, that we can maintain an even temperament even when we have every right to be angry. For me, throughout the court process, I was doing stand-up comedy to keep myself alive, but I worried that if that got back to the courtroom, they could use that against me to say, "Look at her experiencing joy. How can a suffering person be getting up and immersing herself in laughter?" It's extremely sad to me that we have this expectation of how we must behave, that looking like a victim has its own identity.

シャネル・ミラー:信用が得られないこと、信用を得なければならないこと、そのために、怒り狂う権利を行使できるときでさえも気性をコントロールできるほど冷静で従順であると証明しなければならないことを憎んでいます。私の場合、判決が出るまでの期間、私はずっと自分をコメディ的に表現して生活していました。生き延びるためにそれが必要だったんです。けれど、法廷に戻ったとき、彼らが私のそんな行動を私が不利になるように利用できることを恐れてもいました。「彼女が毎日を楽しんでいる様子を見ろよ。苦しんでいる人間が、どうやって起き上がってあんな風に笑うことができるんだ?」と言って。被害者であることがそのアイデンティティであるかのように振る舞わねばならないという社会からの要請があることは、私にとっては猛烈に悲しいことです。


Another stunning thing is that I was able to hide this for the last four and a half years. There are so many of us who are masters of concealing our stories. Much of the time, being a victim means appearing completely ordinary. We're so good at pretending like nothing is happening, like we can keep moving and functioning without missing a beat. And, yeah, in terms of being a perfect victim, I think every victim, as soon as this happens, you find ways to assign yourself blame. You can say, "I was drinking; it was my clothing; I was wearing a T-shirt of his favorite band, which might have been enticing"—we string these up on a little mobile, and we sit beneath him, and we watch it, and we let it consume us. Meanwhile, the real reason is just running off free. We don't assign blame to the source for so long, and that's extremely upsetting.

もうひとつ衝撃的だったのは、私が自分の被害について4年半も隠し続けることができてしまったことです。同じように、自分の経験を隠すことがもはや得意技になってしまった人がほんとうにたくさんいます。生活する中のほとんどの時間において、被害者であるということは、「完璧に普通である」ことを周囲にアピールし続けることです。私達はまるでなにもなかったように偽ることにとても長けています。心臓の鼓動なしで動き機能するような感覚です。
それから、思うにすべての被害者たちは、事件が自分の身に起こると、すぐに自分を非難の対象にしてしまいます。「お酒を飲んでいたから」「私の服のせいだ」「彼のお気に入りのバンドのTシャツを着ていたから、あれが彼を引き付けたのかも」──そうした考えをモビールから吊り下げて、その下に座り込んで、眺め続けて、それに飲み込まれてしまう。そうしている間、実際の理由はさっさと逃げ出して自由なんです。指摘されるべきほんとうの対象を責めずに長い長い時間を過ごしてしまっている。とてもつらいです。


Evan: We just need to be listening to survivors. We keep saying, or assuming, that you should be reacting a certain way. Even after an assault, people think they would react differently in that situation where they don't understand why you wouldn't call somebody right away or why you wouldn't do that. In my case, the statute of limitations had run out on my case. I didn't report it in time, and a lot of people are very confused by how that could possibly be. "You should have gone to the police right away," they say, but it's just coming from a place of ignorance and not malice. I think people just don't understand the process that you have to go through, the fear that you have to go through, the trauma that you have to work through, so I'm just happy that these conversations are starting to happen. But we do need to be listening to people who have actually experienced it, because they can tell you what the experience is like. You shouldn't be assigning one to them.

エヴァン:サバイバーの声を聴く必要がありますね。人々はサバイバーに対して「ああするべきだ、こうするべきだ」と正解を押し付けがちです。実際に被害を受けた人に対してさえ、自分ならその状況下でももっと違った反応ができたはずだと見積もり、被害者がなぜすぐに電話やその他の対応をしなかったのか理解できない。私の場合、私のケースではもう時効が過ぎてしまっています。時効が来る前に届け出なかったことについて、周囲の多くの人は、なぜそんなことになったのか見当もつきませんでした。彼らは「すぐに警察に行くべきだったのに」と言う、でもその言葉は悪意というよりは単純な無知から来るものなんです。きっと被害にあったことのない人々は、ただ、私達の身に起こった出来事の経過や、恐怖、トラウマについて知らないから、こうして話し合いの俎上に取り上げることができるのを嬉しく思います。ただし、気を付けなければいけないのは、サバイバーたちの話をほんとうに注意深く聞くこと。なぜならサバイバー本人だけが、その被害・加害がどんなものなのかを話すことができるのですから。自分の了見の範囲内で性暴力を見積もってはいけません。


Chanel: Yeah, even if a victim appears flat, it's not because she's unaffected. We all process things differently. Maybe your instinct is to withdraw in an act of self-preservation. I also know that a lot of the times after a bodily violation, victims may turn to toxic sex or drinking, because you already feel like you've been deemed worthless, or you feel dirty, or you feel like there are things inside you that you cannot tolerate, and the only answer is to vanquish them, or to punish yourself, or to obliterate them in any way that you can. It's infuriating that we use that behavior as further proof that this is why she deserved it; we point to it and say, "Well, see, this is the type of girl who this happens to," when really the root of it is the violence itself. It's not her flaws, it's not her misguided judgment; it's the violence that prompts this behavior, and we have to acknowledge that.

シャネル:ええ。もし被害者が感情的に平坦に見えたとしても、それは彼女が影響を受けていないからではありません。私達被害者はそれぞれ加害に対して違った形で対処します。反射的に自己防衛本能を押さえつけることさえある。身体的に傷つけられて、もう自分には価値がないあるいは汚れていると感じたり、自分の中にある許せないことを征服するためであったり、もしくは自罰のためだったり、なんとかしてそれを粉々に消し去りたいなどの思いから、むしろひどいセックスや酔い方を繰り返すこともあります。周囲の人々が被害者のこうした行動を見て、その被害を受けて当然だったと証明するのに利用することを苛立たしく感じます。ほんとうの根源は性暴力そのものなのに、表面的な部分だけをあげつらって「見ろ、ああいう子だからそんな目に遭うんだよ」と言う。彼女の欠陥ではありません。彼女の判断ミスでもない。性暴力こそがこうした行動を誘引するんです。私達はこのことを社会の常識にしていかなければ。


Evan: Absolutely. I also use humor a lot, and I think it confuses people. Even during some of the darkest times when I was being abused, I remember making jokes during it, gallows humor. It was because I felt so trapped in that situation. If I could make a weird joke and laugh, it was the only thing that could get me through and keep me somewhat holding onto one little piece of sanity. But it's that nervous kind of sad laughter. And I still do it, and I think it does sometimes confuse people. But anybody who knows me knows that I will make a joke in the darkest situation; it's just how I process things.

エヴァン:その通りですね。私もよく冗談を言うことがあって、周りの人を混乱させました。虐待がいちばんひどかった最悪の日々にあってさえ、自虐的で不謹慎な冗談を言っていたことを覚えています。ほんとうにその状況に囚われてしまっていると感じていたからです。奇妙な冗談で笑えることだけが私にその状況を耐えさせ、なんとかして正気のかけらを掴ませるたったひとつの要素でした。悲しい笑いで、リラックスしたものではありませんでしたが。今でもそうすることがあって、人から見たときに状況をわかりにくくさせていることもあるのでしょう。けれど、私をよく知る人なら、酷い状態のときに私がそんな冗談を言うことをわかってくれます。それがただ私のつらい状況への対処法なんだと。


Chanel: Yeah. You have to. If you're being held underwater, it's like your little straw that you're breathing through, a little bit of air, a little bit of life. Life is really ridiculous half the time, you can't take yourself so seriously. And what's beautiful about it is that it is messy and that it is colorful and that we do make mistakes—that's part of growing up, but making a mistake is different than committing a crime. Drinking too much is not punishable …

シャネル:ええ、そうすべきです。水中に囚われたようになってしまっているとき、そういうものが細いストローになってかろうじて息継ぎをさせてくれる。わずかな空気で、ぎりぎりの命を繋ぐんですね。
人生の半分はすごくばかばかしくて、とてもじゃないけど真剣に向き合えるようなものじゃありません。人生が素晴らしいのはそれがものすごく雑多で多彩で、そして何度だって失敗ができること──それ自体が成長の一つの側面だと思うんですが、失敗は犯罪を犯すこととは違います。お酒を飲みすぎることは罰されることではない……


Evan: It's not a crime.

エヴァン:犯罪ではありませんからね。


Chanel: … by law, yeah. And we need to be able to separate this.

シャネル:……法的には。ええ。その違いをきちんと分けられるようにならなければ。


Evan: Everything you say can be used against you and twisted. I haven't seen Unbelievable yet, and I actually have spoken to a couple of survivors who haven't seen it, because I think it's something you have to be in the right state of mind for and ready to dive into, and some survivors said, "No, I already know what it's about, I don't need to watch it." But I do want to see it. It's very important for the rest of the public to watch, and same thing with the R. Kelly footage and when the survivors' stories came out… I watched all of that, and I encouraged everybody to, because it's rare to get to see what happens behind the scenes or go into that inner journey of a survivor. If you're just listening to what the press is writing about, it's such a condensed, basic version of what happened. These crimes are so complicated, you need the details, you need a long-form story to really even grasp the whole picture. I feel like the Surviving R. Kelly documentary really did that well; they had experts come in and walk people through how these situations come to be, what happens to a person when they're in it, and that's what we need to be doing now—really walking people through it.

エヴァン:被害者の主張はそのまま捻じ曲げられて被害者を攻撃するために使われがちですね。私はまだ『アンビリーバブル』を見ていないんですが、同じように未視聴のサバイバーたちと話をしました。あれを見るために自分の精神状態を落ち着けて、物語に入り込む準備をしなければいけないと思ったから。私が話をした人たちのうち数人は、「もうその話が伝えようとしているものを知っているから、見る必要はない」と。でも、私は見たいんです。当事者でない人たちにはとても必要なことで、それはR. ケリーの映像を、その性的虐待のサバイバーたちが声を上げたときに見ることと同じです。私はこちらはすべて見ましたし、ほかの人にも勧めてきました、なぜなら、これは性暴力がどんなものか、そしてサバイバーたちの内面の動きを見られるとても稀有な機会だからです。メディアを通すとそれらの事実は大部分が凝縮されて単純化されたものになってしまう。性暴力や性虐待はほんとうに複雑で、その全体像を掴むだけでも長い長い物語の経過と詳細を理解しなければならないんです。『サバイビング・R. ケリー』はその点をとてもよく表現していたと思います。制作者は専門家をチームに組み込んで、どのようにこうした性暴力が現実のものになるのか、その被害を受けた人間がどうなってしまうのかを描いています。それはまさに、私たち当事者がたった今世の中に伝えようとしていることなんです。


Chanel: Like you said, the media bullet-points it, it writes the headlines. I'm more interested, if you're called to testify for the preliminary hearing, what happens after you testify in those empty months where you're waiting to be called back to testify for trial. Maybe there's nothing to report on, maybe it's mundane, but that is where we need to be looking. How is the victim taking care of herself? How is she keeping herself mentally stable? How is she healing, and how is that healing going to be disrupted when she's forced again and again to repeat her case? How do you move on in a situation like that? I think the media swells, it comes and it goes, and you're left trying to put everything back together again.

シャネル:仰る通り、メディアは箇条書きのように見出しをつくりますから。
とても気になっていることがあるんです。被害者が予備審理の証言のために呼び出されて、それから裁判が始まり再び召喚されるまでの空白の期間になにが起こるか。その間なにもないかもしれないし、ただ平凡な日々かもしれない。けれど、それこそが私たちが求めていることです。被害者はどうやって自分自身をケアしていくのか? どうやって自分の精神の安定を図るのか? 被害者がどうやって自分を癒していて、そしてその癒しのプロセスが、裁判のために何度も何度も呼び出されるたびにどう邪魔されているのか。こんな状態で、どうやって前に進めばいいんでしょう。


Evan: It's funny, I experienced a very similar feeling after the Phoenix Act got signed into law last month. It was this huge moment, and we were all so happy, and the whole year of work had come to a head and we did it. And then I was left alone by myself in my house with this really strange feeling of, right. It's almost as if I was naively subconsciously expecting everything to go away once that happened, and then it was this reality check of, oh, no, no, all that still happened to you, and you still have to deal with that for the rest of your life. You're still working through this, you're still going to have to pick up the pieces. And you've moved progress forward, and that's amazing, but it was this kind of, oh, right, it actually doesn't help me personally, but the reason I did this was to help other people.

エヴァン:面白いですね、私も先月フェニックス法案が承認されたときにとても似たような気持ちになりました。あれは決定的な瞬間で、これまで法案を通すためにやってきたことが思い出されて、私たちは皆とても幸せだった。でも、そうして家に帰ってから、まるでひとりで置き去りにされたようなおかしな気分に襲われたんです。法案が通った時点で何もかもが洗い流されるとほとんど無意識のうちに思っていて、でもその気分に、それは違う、そんなことはないと釘を刺されたようでした。起こったことは絶対に消えてなくならないし、今もこれから先も、人生が続く限りその影響と向き合っていかなければいけないんだと。ずっとそうやって努力しなければいけないし、ばらばらになったかけらを集め続けなければいけないと。私は声を上げて、法案を成立させるために前進して、それはとても素晴らしいことだったけれど、でもそれはなんだか……そう、実際のところ、それが私自身の助けになったわけではないんです。それでもそうしたのは、同じような立場のほかの人を助けるためでした。


Chanel: I think what happens externally is on a separate timeline than what happens internally. I felt the same way when I got the verdict. I thought, Well, this solves everything, what a perfect ending. And then I went home, and I remember my therapist saying, "Well, now your healing can really begin." And I was like, "What do you mean begin? I'm done." But it's, you can finally turn and face the rest of your life and figure out how your experience will continue to play out, where it will live in your life, how it will continue to inform you.

シャネル:現実の外の世界で起こっていることは、私たちの内面に起こることと違う時間軸に乗っていると考えたほうがいいですね。自分の裁判の評決が下ったときに、あなたと同じような思いをしました。これですべてが解決する、なんて完璧なエンディングだろうって。帰宅してからふと私がかかっていたセラピストが言っていたことを思い出したんです。「なるほど、これであなたの回復がやっと始まるわけだ」と。それを聞いた瞬間は「どういうこと? 私はちょうど終わったところなのに」と思っていた。でもそれは、これで私がついに自分の残りの人生に向き合って、この経験がどう私に関わっていくのか、どこで人生に影響するのか、どんな風に私に何かを教えてくるか理解する必要があるということだったんです。


Evan: I think consciousness is changing, and now we have to put that into action, in prevention and education and better legislation. I did not want to do any of this; I wanted to just raise my kid and not have to do this. But it felt involuntary, it felt like I didn't have a choice. This thing had happened to me, it was this moment in time, and I had privilege and I had power—if I wasn't using it, then what the hell am I doing? I think a lot of people are in that place in one way or another, so I think now we need to be having the conversations of, "Okay, but what's really the problem, and where does it stem from, and how do we stop it before it starts, and how do we create this cultural shift and this different way of thinking, and the way we socialize boys and girls?" That's the next step.

エヴァン:意識は変わっていっていると思っています。今は自分たちに起こったことを行動にして、被害や加害の予防、教育、それからよりよい立法に反映させていかなければいけないと考えています。以前はそれらのなにも望んでいなかった。ただ自分の子供を育てたかっただけです。でも、無意識のうちに、私にはほかに選択肢などないと思うようになっていきました。あれは私の身に起こったこと。でも私はラッキーで、力もある──もしそれを行使しなかったら、私はいったい何をやっているんだ?と。
たくさんの人たちが、私が抜け出してきたあの場所で今も同じように誰かが苦しんでいるのだから、今こそ私たちが声を上げるべきだと思うんです。「この問題の核心は何か、問題の根はどこから伸びていて、そして、私達はどうやってそれが始まる前に止めに入ることができるのか、なにより、私たちはどうやって文化としてこの状況を変え、これまでと違った道筋をつくり、子供たちを正しく導くことができるのか?」それが次のステップですね。


Chanel: I felt that same duty to report on what was happening to me. I felt like by going through the criminal justice system, I was in the smallest percentage that even has the opportunity to see what it's like inside a courtroom. So if I have this experience, I need to really confront it and figure out how to share it; otherwise, it's lost information. And in terms of mind-set shifts, I think so often, victims think that they haven't done enough, that they didn't wear enough clothing, that they weren't clear enough about what they wanted or didn't want, that they didn't report fast enough, that they didn't collect enough evidence, but it's always the victim who hasn't done enough. And I want to make it clear that we are doing plenty. Every time you share your story, that is so immense. It takes so much out of you, and just showing up to face whatever day lies ahead of you, that's doing plenty. And it's time for everyone to listen, to step up and understand that we're all in this. Everybody knows someone who's been directly affected by this; it's not us who are not doing enough, it's society that needs to step up.

シャネル:私になにが起こったかについて、きちんと記録し伝える義務を私も感じました。刑事司法の道筋を通る中でそう思うようになった部分が大きいです。私は法廷に入っていって、それがどんなものか見る機会を得た数少ない人間でもありますから。
この経験において、私は本気でこの状況に立ち向かって、どうやってこれをほかの人たちに知ってもらうか考える必要があると思っています。このマインドセットの変化の中でたびたび考えるようになったこととして、被害者たちが、いつも自分が不十分だと考えさせられがちだということがあります。被害者たちはきちんとした服を着ていなくて、同意・不同意について十分な意思表示をしていなくて、ことが起こってしまった後も即座に通報せず、十分な量や質の証拠を集めなかったと。でもそれは、いつも被害者側ばかりが責められることなんです。わたしはここをはっきりさせておきたい。私たちは実際はとてもたくさんのことをしているんです。事件に向き合うたびに自分の身に起こったことを話すのは計り知れない大きな負担です。大量のエネルギーを絞り取られるような行為ですし、どんな日も、何が起こったり何を言われたりするかわからない日も、法廷に出て証言のためにそれらに向き合う、それはほんとうに大変なことをしているということでしょう。そして、今こそすべての人がその話を聞き、自分たちも無関係ではない、耳を傾けるべき人間なんだと理解しなければならないときです。今や誰もが、この被害に直接影響を受けた人のことを知っているはずです。私たちが「不十分」なのではなく、一歩前進する努力が必要なのは社会のほうなんです。


Evan: Yes. We need to stop putting all of the responsibility on the survivor's shoulders.

エヴァン:そうですね。あらゆることの責任をサバイバーに背負わせるのをやめなければいけません。


Chanel: We bear everything all the time just to say, "Can you see that this matters? Does it matter to you? Can you hear me? Can you see me?" People need to see us.

シャネル:私たちは、いつまでも繰り返し「これが問題だとわかる? あなたの問題なのだと? 私のことが見える? 聞こえる?」と言い続けなければいけない状況です。社会のほうが私たちを見るべきなんです。


Evan: I get a lot of people asking why I haven't named my abuser, and actually reading your book, you said, "I want to name myself first," and that's it. That's exactly why I need to name me first and my story, and to help other people. Part of my story is that I'm too afraid, and I forgive myself for that, and I know that's not my fault. I don't feel safe. And that's one of the reasons I wrote the Phoenix Act. So when people ask why I haven't named my abuser, it's because I can't. I just don't feel safe enough, and that's part of the problem. I created the Phoenix Act to give people more time, because it took me so long to process everything and to get to a place where I felt even safe enough to speak about the abuse. And it's scary. I mean, he definitely knows that I'm talking about him, I'm sure he's caught wind of it, and that's a terrifying thought. But again, the reason that I really decided to go [public] with this was because I found out he had abused other women. That changed everything. It helped me feel stronger, because it wasn't just about me—I'm not just fighting for me anymore.

エヴァン:私は何度も周囲の人からなぜ加害者の名前を公にしないのかと言われてきたんですが、あなたが出した本で、あなたは「私は私の名前を最初に明示する」と言った。それなんです。それこそ、私が私の名前や私の体験を前に出そうとした、そしてほかの被害者を助けたい理由そのものです。その一部として、自分が怖がりすぎていたこと、そんな自分自身を許そうと思うこと、何よりそれが私の責任でないと知っていることがあります。
私は安全だと思えなかった。それがフェニックス法を立ち上げた理由の一つでもあります。周囲の人間はなぜ私が加害者の名前をはっきりと挙げないのかと問うのですが、私にはできないんです。私はまだ身の安全が確保されていると思えない。それがこの問題には含まれます。私が被害者にもっと時間を与えるためにフェニックス法を考案したのは、私自身、自分の身に起こったことをすべて理解し整理できるまで、そして虐待について話せると思えるほど安全な場所に辿り着くまでに長い時間を必要としたからでした。これはとても怖いことなんです。相手は確実に私が相手のことを喋っているのを知っている、彼の耳に入っているとわかっている。これは震え上がるような恐ろしい考えです。それでも、この恐怖を押して公の場に出ようと決めたのは、彼が私だけでなくほかの女性たちも虐待していたことを知ったからでした。それがすべてを変えた。このことが私を強くしました。なぜなら、これはただ私だけの問題ではなくて、もう自分のためだけに戦っているわけではないとわかったから。


Chanel: Naming comes at a cost. When people say, "Oh, she's going after him," really, you think we go into attack mode? Do you know how terrifying it is, do you know how much we sacrifice, how afraid we are of retaliation that we're pretty much promised from the very beginning? We are just speaking because we have to maintain our own sanity, because we can't contain these stories. It's not revenge to me; that's such a small way of thinking, and it takes the center off the victim. We speak in order to breathe, and we remain the protagonists of our own stories. We do not exist to be a side character in his story or his victim, we do not belong to the people who hurt us, and we continue to own and control our own narratives, and they get to be on the sidelines for once.

シャネル:氏名の公表は犠牲を伴います。周囲は「あの女、相手の男を攻撃するつもりだぞ」と判断しました。本気でそう思うの? こちらが攻撃モードに入ったですって? 実名を公表するのがどれだけ怖ろしいことか、そうすることでどれだけ傷ついたりどれだけのものを失ったりするのか、被害者が報復を──ごくはじめの段階から、されるとわかりきっているその報復をどれだけ恐れているのか知らないのでしょうか。私たち被害者は、自分の正気を保つため、この出来事を自分の中だけに抑えておくことができなくて、ただ喋るしかないんです。復讐のためなんかじゃない。そういうのはほんとうに狭小な考えであるだけでなく、被害者を物事の中心から追いやる行為です。私たちはただ窒息しないために喋り、自身の物語の主役としてその場に踏み止まっている。私たちは彼の物語の脇役や彼の被害者として存在しているのではないし、私たちを傷つけた相手に所属しているわけでもない。私たちは語り手としての決定権を持っている。周囲の人間たちは一度コートの外に出るべきです。


Evan: While going through the process of speaking to people behind the scenes who create laws and whose jobs are to make sure everything's fair, the problem I kept coming up against every time—the main one that upset me the most and that made me realize, oh, this is a bigger problem—is that we don't want to send people to jail. The system is really clogged, and there's a lot of systematic racism, and there's a lot of unfair drug charges. And from what I can tell, there are so many cases of abuse that if we were to let them all in [to the prison system], it would flood. So we play down domestic violence and rape, because it's so rampant that they don't want people to know what a problem it is, because they don't want to send people to jail.

エヴァン:立法や様々なものが公平であるよう目を配る仕事をしている人たちとキャンペーンを行う中で話していて、いつも突きつけられる問題がありました──私を最も動揺させて、同時に、これがより大きな問題なのだと気付かされたんですが──彼らはこれ以上人を刑務所に送りたくないんです。この社会のシステムはずいぶん行き詰まり、制度的な人種差別に満ち、あるいは不公平な麻薬取引の処罰で溢れています。そのうえでわかるのは、もしすべての虐待加害者を刑務所送りにするなら完全に運営不可能になるほど虐待の事例が多いということなんです。だから社会はDVやレイプ被害を矮小化する。もう受刑者で一杯の刑務所に人を収容したくないから社会にこの問題について知ってほしくない、そういう考え方が蔓延しているんです。


Instead, they put every hurdle in front of the survivor, including discrediting you to make sure that [sending them to jail] doesn't happen. I think one of the weapons they have is, "Well, but look at his bright future; we don't want to ruin that"—and that's also because there's not a lot of rehabilitation. Sometimes people go to prison and they come out worse, there's so many issues. What I kept noticing was, oh, you actually have no incentive to send people to jail, and for people to be accountable, because it's easier to let victims suffer in silence than to have to deal with the actual problem, which is so much bigger. This is opinion of mine from my experience, but that is something that I have noticed.

問題に向き合う代わりに、サバイバーにあらゆる負荷を課す。私たちの証言や存在を信用しないことを含めて、収容者の人数を増やさないようにするんです。よく使われがちな言い分は「わかるよ、でも彼の今後のことを考えろよ。彼の人生を台無しにしたくないんだ」ですよね。
それから、更生プログラムが充実していないのも問題です。刑を受ける前より出所したあとのほうが状況が悪くなっていることさえある。課題がほんとうに多いんです。何度も感じたのは、彼らが、加害者を刑務所に送ったところで自分が何かインセンティブをもらえるわけじゃないし、訴えられた人間に対しても利益にならないと考えているということでした。なぜなら個別の性暴力の事例よりも構造的で巨大な実際の問題に向き合うよりも、被害者を沈黙の中で苦しむままにしておくほうが簡単だからと。個人的な経験による一意見ですが、確実に私が察したことです。


And there's a lot of good laws that can't be passed, because they will target minorities with them. I had a lot of ideas of how to strengthen the laws around domestic abuse, and we would get feedback of, "This is great, but we can't pass this." And I'd say, "Why? It's common sense." And they'd say, "Yeah, but some people will use that the wrong way, and so we have to hold progress back so that minorities aren't targeted." Things like three-strike rules, which are already used against minorities. Another reason why I advocated for a longer time for victims to report is there are also communities that do not want swift action from law enforcement, they're afraid of law enforcement, so they're less likely to call the police or to report. There's a lot of communities where you're a snitch, and the saying is, "Snitches get stitches." So there's a culture of silence that a lot of people are born into, because they don't trust law enforcement. There are multiple reasons why people need more time.

それから、とても効果的なのに議会を通過できない法案が大量にあることも知りました。なぜなら加害者はマイノリティをターゲットにしがちだから。私には近親者間暴力を裁く法律をより強固なものにするための考えがたくさんあったんですが、それを提案すると「素晴らしい案です。けれどこれを検討することはできない」と返されました。「なぜ? これは社会の良識でしょう」と問うと、彼らは「ええ、でも一部の人々はそれを間違った方法で使用しかねないので、マイノリティが標的にされないように進歩を控えなければいけないんです」と。既にマイノリティに対して適用された三振ルールみたいなものです。
私が被害者たちの届け出までに長い猶予を与えるようキャンペーンを行ったもうひとつの理由に、法的介入による素早い行動を忌避するコミュニティがあることがあります。彼らは法が立ち入ってくるのを恐れていて、警察を呼んだり届け出たりしたがらないのです。そうしたレポート行為を密告だと見なす地域の人間関係では「チクったらどうなるかわかっているな」と脅されます。つまり、多くの人々が生まれて馴染んでいく「沈黙の文化」があって、そこでは法律や警察が信じられていません。改善の動きがなかなか進まないのにこれだけ複数の理由があるんです。


Chanel: I think in this system, people of color are often demonized or deemed as dangerous, whereas in my case, my perpetrator was very quickly humanized. He was never labeled as a criminal, he was labeled as a young person who had simply lost his way, but this didn't define him, this shouldn't realign the rest of his life. They treated it like this is a temporary lapse in judgment, this is a quick deviation from his behavior, but at the end of the day, he remains a model citizen were it not for his one-time mistake. And that to me is the difference, the labeling of criminality versus excusing in the guise of humanity, you're just a human. We get it, we make mistakes, that sort of empathy that's extended toward him.

シャネル:この社会のシステムの中では、有色人種ばかりが頻繁に悪魔化されたり危険だと見なされたりすると感じます。私のケースでは(白人だった)加害者がすぐに人間的同情を得ていたにもかかわらず。彼は決して犯罪者のレッテルを貼られることはなかった。ただ単純に道を踏み誤った若者だとされて、けれどその間違いが決して彼を定義づけることもないし、彼の残りの人生の軌道を変えることもないと。周囲の人々は彼の行為をごく一時的な判断上のしくじり、ちょっとした逸脱行動だったというふうに扱って、もしたった一度のその間違いさえなければ彼は理想的市民のひとりで居続けられるとしたんです。私にとってはそれは大きな違いでした。犯罪性のレッテルと人道の見せかけを釈明することとの対比であり、誰もがただの人間だと。わたしたちはそれを分かっていて、間違うこともある。そういう共感が彼に対して向けられるんです。


Evan: And not usually to the victims. Money has a lot to do with it as well. If you have a lot of money, you can get away with a lot, even bail. The justice system is set up for rich people.

エヴァン:被害者に対しては向けられない共感ですね。資金もまた状況を左右します。もし裕福なら、簡単に状況から逃げられるし、保釈さえできてしまう。司法システム自体が富裕層に有利になるように設定されているんです。


Chanel: Yeah, I mean, he was held on five felony counts and was released in less than 24 hours.

シャネル:ええ。彼のように、5つ重罪があっても24時間以内に解放されてしまうような。


Evan: That is so … I'm so sorry.

エヴァン:それは……ひどいですね。


Chanel: Even hiring a blackout expert for $10,000 to testify in trial. I mean, how do you justify that?

シャネル:さらに言えば、裁判での証言のために1万ドルで卒倒に関する専門家を雇ったり。こんなのをどう正当化するんでしょうか。


Evan: There are people in jail for pot for life, and those cases, we still haven't overturned. The thing that should really bother people is if you look at the sentencing for other crimes, there's harsher punishment for nonviolent crime. I don't know what the solution is, honestly. Again, it's a way of thinking, it's a cultural shift.

エヴァン:対して、多少の麻薬のために終身刑になる人がいる。私たちはまだこの状況を変えられていません。厄介なのは、暴力を伴わない犯罪により重い判決が下ることです。正直、どうすれば解決できるのかもわからない。とにかく、考え方、社会のありようの変化が必要なんですが。


Chanel: I think the issue, too, with the light sentencing, I mean, it was light … he served three months for three felonies, so that in itself is light. But what bothered me more was that [his sentence] had failed to calculate not only the assault, but the aftermath of the assault, which we fail to acknowledge so much of the time. The fact that it took 18 months of my life even to get to that sentencing … we're not incorporating all the harm and emotional damage that is accumulating in your quest for justice; that is largely overlooked.

シャネル:軽すぎる判決と同じく……私が言いたいのは、私の加害者は3つの重罪に対して3か月の刑を受けただけでしたから、それは軽いと判断するべきなんでしょう。でも、その判決自体よりも私を苛立たせたのは、彼に対する判決が、彼が行った行為そのものだけでなく、その後に及ぼした影響について考慮できていなかったことです。事実として、この軽すぎる判決を得るためにさえ、私は18ヶ月も費やすことになりましたし……正義が行使されるためにあらゆる手段を取ることによって負う精神的なダメージを、すべての被害の中に組み込むことができていませんし、完全に見過ごされていると思います。


Evan: That's a really great point. That time should be accounted for in his time. I think part of the problem is we haven't found a way to measure psychological trauma, and we're terrified to define it in law, because it's not tangible. They'll measure abrasions with a ruler, but how do you measure what happens to your psyche? The scars on your psyche … your mind actually changes after you've been traumatized. I still have to undo ways of thinking and thought patterns that have been drilled into my mind because of something I didn't choose. Those are the moments in which I get angry, when I'm still left with this mental aftermath. I still have to live in the same city as my abuser, and I don't have protection.

エヴァン:それはほんとうに大事なことですね。そうした時間は加害者の刑期に組み込まなければならないと思います。
この問題のひとつとして挙げられるのは、心理的なトラウマを客観的に測る手段がないことです。私たちは法によって定義されることを恐れてもいる。なぜならそれは物理的に知覚できるものではないからです。かすり傷はものさしで測ることができるけれど、どうやって心の中に起こったことを計測できるというのでしょう? 心理的な傷……トラウマを負わされると、心ははっきりと変化します。私も未だに、自分で選んでやったことではない、奥深くに染み付いた考え方や思考パターンを健全な状態に戻さなければいけなくなることがあります。そうした精神的な後遺症に囚われるとき、そういう状況に置かれることに怒りを感じます。私は今でも私の加害者と同じ町で暮らさなければならないし、自分の身を守る手段もありませんから。


When you've been abused by somebody in a position of power, a restraining order is not going to help you. If they have a whole network of people, and they're connected to gangs, or they're connected to other bad people, [a restraining order] doesn't really matter. Even if they personally don't come after you, they might send somebody else to, and they might send somebody to hurt your family. My abuser's threatened me multiple times, threatened my life, threatened my family's life, and when I did decide to speak to a lawyer about it, and I thought about saying their name and I said, "Well, can I get a restraining order?" They said, "Well, how long ago was his last threat?" I was like, "Well, I don't speak to him anymore. It was the last time I saw him, years ago." Unless the threat's been made recently, you still can't get a restraining order.

社会的に力のある人間に加害されると、接近禁止令はあまり役に立ちません。もし彼らがそのコミュニティの人間のネットワークをすべて掌握していて、かつギャングやほかの悪人たちと結託していたとしたら、そんな法律など意に介さないのです。もし被害者自身が彼らに後をつけられていなかったとしても、彼らは別の誰かを被害者の家族などの元に送って傷つけるかもしれません。
私の加害者は何度も私を脅しました。私や私の家族に手を出すと。弁護士にそのことを話そう、彼らの名前を公表しようとしたとき、「それで、接近禁止令は適用されるんでしょうか?」と訊いたんですが、「そうですね、その相手からの脅迫が最後にあったのはいつですか?」と訊き返されました。「もう彼とはずっと喋っていません。最後に彼を見たのさえ何年も前のことです」と答えるしかなかった。ごく最近に脅迫されたのでない限り、接近禁止令は使えないんです。


Chanel: It has to be an explicit.

シャネル:それはもっと明白なものでなければならないと。


Evan: I mean, I've been threatened so many times I can't even really count anymore. When there's a threat against your life, that doesn't expire. Sometimes I'm terrified to go outside and even get a package. I still have moments of PTSD when the sounds in my house are loud, and I'm convinced I hear footsteps. I'm convinced someone's coming to get me. Even though intellectually I know this is my PTSD, I still have to sit there and sweat and go through it, it's something that's involuntary. My abuse happened over a decade ago, and I'm still dealing with that; we can't measure that, we can't charge that, it's not defined. I think a lot of victims will tell you that sometimes the scars on your mind are so much worse than the physical ones, but we only take into account the things we can see and measure with a ruler.

エヴァン:つまり、私はもう数えることさえできないくらい何度も何度も脅されてきたということです。命を脅かすような脅迫に有効期限はありません。私は今でも、宅配の荷物を取りに出ることにさえ恐怖を感じるときがあります。家の中で大きな音がしたらPTSDのようになってしまうことがあって、その度にただの足音だと自分に言い聞かせなければいけない。知識としてこれはPTSDなんだと知っていてさえ、その場に座り込んで冷や汗をかきながらやり過ごさなければならないときがあって、それはとても不本意なことです。私の被害は10年以上も前のことなのに、まだそれと戦っている。その影響を計測するなんて無理で、自分自身で変えることもできなくて、定義なんてしようがありません。心に負った傷は身体的なものよりずっと深刻だとたくさんの被害者たちが言うことでしょう。でも、社会は目で見えてものさしで測れるものについてしか法が適用されるもの、公のものとして認識することができないんです。


Chanel: Beautifully said.

シャネル:ほんとうにその通りだと思います。


Evan: I don't know what the future will be like, but right now I think it's, like you said in your book, I want to name myself first, I want to tell my story. I'm not quite ready for it to be about [him] right now.

エヴァン:今後どうなっていくかはわかりませんが、少なくともたった今私が思うのは、ちょうどあなたが本に書かれたとおり、私も自分の名前を出したいということです。私もきちんとわたしに起こった出来事を伝えたい。まだはっきりと彼について話す準備ができているわけではないのですけど。


Chanel: You also get grouped with your abuser, or your photos go up together in the headlines, and you want to be able to create that separation to not be constantly alongside him. You're worried about just being able to live inside your house, to pick up a package without having to look over your shoulder constantly. That's a very simple ask, but it's not something that we're always given. And it infuriates me when I see people like [Brett] Kavanaugh getting so angry over reputation damage; meanwhile, we cannot get even a sliver as angry for bodily violation, and that continues to be the case.

シャネル:あなたの場合、すぐあなたの加害者とグループ扱いされたり、メディアの見出しで彼と写真を並べられたりしますよね。そんな風に頻繁に彼とワンセットで並べて扱われるのをやめてほしいと思うのも当然だと思います。ただ家で暮らすことや自分の背後に怯えながら荷物を取りに行かずに済む生活を求めるのもほんとうにシンプルな希望なのに、私たちに十分に保証されていることではない。
それから、私はブレット・カヴァノーのような人たちが評判を傷つけられたと言って怒り狂うのを見るのがほんとうに腹立たしい。彼らが怒っている間、被害者はその深刻な迫害について怒りのかけらすら抱くことができないのに。そしてそういうことが問題として続いていくんです。


I talk about catcalling in the book and how I began to question how much we're expected to tolerate, how much we are expected to absorb. We're taught to keep our heads down and to not be confrontational or to endanger ourselves by talking back, starting that fire—but really, he's starting the fire, and we're trying to speak up for ourselves. I think so often in those situations, you would be blamed for talking back, or being rude, or not just going on your way.

自著の中でキャットコーリングについて書いたんですが、私たちがどれだけ寛容であること・相手からのそうした行為を受け止め吸収すべきだと期待されているかに疑問を呈すきっかけになりました。私たちは顔を下げて反抗的にならないよう、あるいは言い返すことで自分の身を危険に晒さないよう、トラブルの火をつけたりしないよう言い聞かせられてきた──けれど、彼こそが火をつけてきたほうで、私たちは私たちのために声を上げようとしているんですよね。ほんとうに何度も、こういう状況に置かれたときに反論したりそうした扱いに対して無礼に振る舞ったり、あるいは自分の道を進んでいないだけで責められてきたと思うんです。


Evan: Oh, yeah, you're immediately met with anger and hostility. Because I am bringing up a son, I try to understand the behavior, and to go, "No, that was not okay, but why do you feel the need to get angry at me? What is it inside of you that is empty and that is hurting and that didn't get nurtured, and wasn't empowered to know that you have so much more value than what you're projecting into the world right now?" I don't know. This is coming from somebody raising a boy, that's how I try to think of it.

エヴァン:ええ、即座に起こりますね。私も息子を育てていてそんな反応をされることがあって、その行動を理解しようと思うんです。そして言う、「だめ、それはやってはいけないこと。けれどなぜあなたは私に対してそんなに怒る必要があるの? あなたの中に何があるの? 満たされずに、有害で、大人にならなかった何かが、今あなたがあなたの外界に反映しているものよりあなたはずっと価値があるのだと教えられ後押しされることができなかった何かが?」と。今でもわからない。男の子を育てていると考えなければいけないことなのかもしれません。


Chanel: I think what's changing is that we are putting the responsibility on men to amend themselves, to look internally at why they're doing this to us, because we don't want to hear it anymore.

シャネル:今変わってきていることは、男たちに自分たちを省みて改善する責任を自覚させようとしていること、なぜ女性たちを加害するのか自分の内面を見つめさせようとしていることなのだと思います。もうそんな加害を聞きたくないですから。


Evan: And in a culture that teaches men to not look internally and to not ask themselves these questions, to not think about their emotions or feelings, or how their behavior stems from something else, it's also just giving them that language and making room for accountability. Sometimes it's hard not to be angry, but again, I think it's … I don't know, showing them that way into themselves, giving them a language, teaching them how to ask themselves those questions and how they can change by saying, "I don't think you're a monster, but I think you need to go inward a bit; I don't think you've been taught how to do that, and that's sad." That's a tragedy in itself, and a lot of women bear the brunt of that. That's why I really try to advocate for prevention, because these things are instilled at such a young age, and the older you get the harder they are to undo. And there's all this stigma around therapy, and there's all this stigma around getting help. A lot of that needs to change.

エヴァン:男性に内面を見つめさせないよう、自身にそんな質問をさせないように、そして自分の気持ちや感情についてや、自分たちの行動がどういうものから派生してきているものなのかも考えさせないようにする文化があって、彼らにきちんとした言葉を与えて説明責任を果たすだけの余裕を持たせる必要があるんだと思います。時には怒らずにいられないこともあるのですが、それでもそれは……なんというか、彼らが自分を省みるように促すこと、彼らにそのための言葉を与えること、こうした自分への問いを自分でできるように彼らに教え、そうすることで彼らがいかに変われるかを教えることだと思います。「私はあなたのことを怪物だなんて思っていない、けれどあなたはもうほんの少し自分の内面に踏み込んでみる必要がある。あなたがそうすることを教わってきたとは思わないし、それは悲しいことなのだけど」と伝えることで。これ自体が悲劇であって、かつ結果としてその矛先を向けられることにとても多くの女性たちが耐えてきています。だから私は本当に被害の予防に力を尽くしたい。なぜならこの文化はごく幼いころから規範として注ぎ込まれるもので、年齢を重ねるごとにやり直しが難しくなってしまうから。それから、(男性が)セラピーを受けることや助けを求めることにもたくさんのスティグマがありますね。本当に多くのことが変わらなければいけません。


Part of the way we socialize boys, and this is just coming from the men who I've spoken to, they were shamed if they didn't act a certain way around their male peers, away from women, and calling out that behavior is just as important as if you see something bad happening to a woman and you want to step in to save the day—yes, that's obviously amazing and great, but you also need to do it behind closed doors when there are no women present. That's when you're really going to have to be brave. They call it the man box, you get stuck in this man box. A Call to Men is an organization that teaches men different techniques and coping mechanisms to help them understand why they may behave in a certain way, and they say to get out of the man box takes bravery, to step out and go, "Actually, maybe we shouldn't talk this way, it seems a little offensive. No? Anybody?" I think we also need to start framing this as a man's problem as well, and not in the way that they're the bad guys, but in a way that nobody is born hoping to grow up to be a rapist. Something happens to a boy that turns him or makes him think that this is acceptable, and that in itself is a tragedy, that we've lost a young boy to society or to a culture that accepts this, that tells him that there's nothing he can do, that's just how he is, and that's just how men are, and that they're terrible, and there's no real incentive there to change. I just hope we can teach men that they're valuable.

男の子たちを社会で育てていく中で、それから私が話をしてきた男性たちによって気が付いたことですが、彼らは、女性から離れた同じ男の仲間たちの輪の中では「男らしい」行動をしなければ辱めを受けるのですよね。そうした行為に自覚的になって指摘するのは、女性が何か被害にあっているのを見たときに助けに割って入るのと同じだけ大切なことなんです──ええ、もちろん助けに入るのは素晴らしいことなんですが、それと同時に、女性がいない、男性だけの閉ざされた環境でも同じような行動が必要なんだと思います。その時こそ勇気を振り絞らなければいけない。彼らは「マン・ボックス」と呼ばれる空間に囚われているんですね。
「A Call to Men」という、男性が、どうして自分が加害的な行動を取ってしまうのか理解できるようにこれまでの社会の規範とは違うテクニックや対処法を使って助けている組織があって、彼らは男性たちに勇気をもってそのマン・ボックスから出てくるよう呼びかけています。「ああ、たぶん僕らはこんな話しかたをすべきじゃないよね、これは少し攻撃的なように思えるから。違うかな? 意見のある人は?」というような風に。
性暴力やDVを男性の問題でもあると捉え直すことも必要で、また、加害者がただ悪人だったと見なすのではなく、誰もレイピストになりたいと思って生まれ育ってきたわけではないという視点に立つことが必要です。
社会で何かが起こっているんです。少年たちに、そうした暴力が許容されるのだと思わせてしまう何か、それ自体が悲劇で、これを受け入れてしまう社会と文化に少年を奪われてしまう。かつ彼らに、それは変えられないどうしようもないもので、自分はそういう生き物で、男とはそういう生き物なのだ、彼らはどうしようもない存在で、そしてそういう状況を変えようとすることにはなんのメリットもないのだと教え込むような何かが。私はただ、私たちは彼らに自身が価値ある存在なのだと教えられると信じたいんです。


Chanel: That was wonderful.

シャネル:そうできたら素晴らしいですね。


Evan: I still get shaky when I talk about this stuff. I feel okay, but my body still …

エヴァン:いまだにこういう話をするとき震えを止められません。気持ちとしては大丈夫なんですが、身体的なところではまだ……


Chanel: Doesn't like it.

シャネル:受け入れられない?


Evan: … knows.

エヴァン:……加害を覚えているので。


Chanel: I talk about it, revisiting the trauma, almost like an undertow, something that pulls you out into the water, and you have to constantly keep coming up for air and resurfacing. But what changes is how quickly you are able to resurface each time. And even when I was writing, I thought, I have to describe the initial assault, I have to describe it again in the preliminary hearing, then the trial, and the sentencing, and I thought, How do I continue to tell the same story over and over again without making it boring, without simply repeating facts. And what I learned is that the facts remain the same, but you are changing within that story. Pay attention to how you are growing, to how you are gaining power, all those subtle shifts are happening, even though it feels like everything is repetitive, even though each time you feel like you're back at square one, you're having panic attacks again. It's okay to reimmerse yourself in it, as long as you know that you are not the same person as you were the first time, that each time you're revisiting the experience, you're coming away differently, and you're coming away a little more powerful than you were before, because each time you resurface, you think, Wow, I did that and I'm still here. So pay attention to your power.

シャネル:トラウマが再訪するとき、それはほとんど逆流のようなもので、何かが自分を水の中に引きずり込むような感覚があります。そうなるとなんとかして水面に浮上して息継ぎをしなければならない。でも変わっていくのは、どれだけその再浮上が早くできるようになるかということです。
それから、私が自分の本を書いているときにも考えたことですが、最初のあの暴行について私はまず説明しなければならなかったし、それを予審、本審、判決の時にも繰り返したんですね。それで思ったのは、どうすれば同じ話を、聞き飽きたつまらないものにさせず、ただの出来事の繰り返しにならないように伝え続けられるだろうということです。そしてそこから学んだのは、その事実は変わらず残り続けても、その物語を語り続ける中で私自身が変わっていくということでした。どんなふうに自分が成長しているか、力を蓄えているのかに注意を払うことです。そうしたかすかな変化は確実に起こっている。たとえすべてがただのリピートに思えても、毎回毎回スタート地点に戻されるように感じても、パニック発作に襲われてもね。自分から再び潜っていっても大丈夫なんです、今の自分が当時とは違う人間なのだとわかっていて、それを繰り返す毎に自分が変わって、前よりも少しずつ力をつけていると思えるなら。浮上してくる度に、ああ、ちゃんと浮かび上がってきてまだここにいるなと感じられるはずなので。だから、自分が持っている力に注目するのがいいと思います。


Evan: Sometimes when I start to spin out, I'll read something or listen to a podcast, or I'll listen to an audiobook that describes what I'm going through that will break the trauma down for me, will break down the experience, and then that calms me, because I can put words to what I'm feeling. And it makes me not spin out and feel out of control. That really helps. I think you're right that every time you tell your story, it's different. I've testified a few times now for the bill, and every time I think, This time's going to be easier, because I've already done it once or twice, and it's always just as hard. It's always such an intense experience. But it is always different, and I do walk away with this bittersweet feeling of, I'm so sad that this is my story, but I'm so proud of myself that I said it and that I feel heard. That was the most gratifying thing for me throughout the process.

エヴァン:自分を制御できなくなりそうなとき、私は何かを読んだりポッドキャストを聴いたり、オーディオブックを聴いたりしますね。私がどういう状況を越えてきたか、トラウマや経験を解体して説明してくれるようなものを。そうしたものによって感じていることに言葉をあてがうことができるようになるので。それが自分のコントロールを失わないようにするんです。ほんとうに助けになる。
あなたが、語りがいつも違ったものになると仰ったのはその通りだと思います。私も法案を通すために何度か法廷で証言しましたが、その度に、もう何度か同じように喋ったのだから今回は簡単だろうと思ったんですが、いつだってそんなことはなくて同じくらい厳しかった。いつも間違いなく、緊張と困難を伴う経験です。でも毎回違うそんな体験によって、ほろ苦い感情からだんだん距離を置くことができるようになりました。これが私の物語だということがほんとうに悲しくて、けれど言葉にできて、聞く人がいると感じられることを誇りに思うんです。これがすべてのプロセスを通していちばん嬉しいことですね。


I definitely had people try to block us, come up against this. I've been yelled at, I've been told that I'm fake—you have to deal with a lot of that, and a lot of naysayers and people who try to take your truth away from you. But if you are telling the truth, there's nothing anybody can do to throw you off course. And if you can just sit in that and hold onto that, it doesn't matter what anybody else says. The greatest thing I took away from my experience was being able to sit in a room full of people who can create change and just tell my story. Even if they voted against the [Phoenix Act] bill, which they didn't, but even if they did, just knowing that people were stopping and listening to our stories, that meant so much. I didn't realize how much it would mean just to have somebody listen to you and to validate your experience. That's so much in itself.

私たちを阻もうとする人たち、対立する人たちに向き合ってきました。なじられ、嘘をついていると罵られた──そういうたくさんのものと対峙しなければならない。否定論者や、私達が持っている真実を取り上げ遠ざけようとする人たちと。でも真実を語り続ける限り、誰にも私達を道からはじき出すことはできません。そして、腰を据えて手放さずにいれば、他人が言うことなど問題ではなくなります。
私が自分の経験を開示したのは状況を変える力を持った人々で溢れた法廷に座ることができたからで、私はそこでただ私の話を話しただけです。仮にもし彼らが法案に反対票を投じたとしても……それは起こらなかったんですが、もしそうなったとしても、彼らが立ち止まって私達の話に耳を傾けたのだということはわかっています。そのことそのものに大きな意味があったんです。ただ話を聞いてこの経験を認めてくれる誰かがいるということがこれほど重要だと、私はそれまで知らなかった。これはほんとうにすごいことなんですよね。