反響室の中と外

反響室の中と外

Twitterまとめや書ききれなかったこと、映画の感想、日々の妄言等々。

2021年上期のふりかえり

 2021年というか2021年度開始からとりあえず7月下旬まできて、ひとまずようやっと区切りがつきそうです。まだ月末にえぐい仕事が一件残っているがそれの準備はひと通り済ませたのでよしとする。

 

 個人情報をなんでもペラペラ喋るアカウントなのですでにオンライン通話などの折にお伝えした方もいらっしゃいますし、あるいはツイートからなんとなくお察しのかたもおられたかもしれません。
 春から放送大学に入学していました。とりあえず社会と産業コースで、全科履修生、3年次編入です。
 この半年は韓国朝鮮語のステップアップのために「韓国語Ⅱ」の履修ほか、Twitterでも時々話題になる名講義「人間にとって貧困とは何か」、先日拡散されていた授業科目である「市民自治の知識と実践」などを取っていました。あとは日本語リテラシーとか、オンライン科目で上級向けの英語とか。
 最初なので欲張って9科目履修したら割と首が回らなくなり2週間に一回くらいは仕事が終わって帰宅後何もできず気絶する、みたいなどうしようもない生活をしてたんですが、なんとか単位認定試験の回答の発送はしたのでひとまず乗り切った……かな。ちなみに月曜日に英語、火曜日〜木曜日にそのほか2科目をそれぞれ(合計で6科目)、金曜日に残りの1科目、で韓国朝鮮語は細かく分割して月〜金まで毎日やるスケジュールでした。土日はバッファのつもりでしたが大体食い込んだよね。そりゃ平日に気絶してりゃ食い込むよね。後期の履修登録はもっと減らします…… このスケジュールに加えて仕事の資格試験の日程が重なってきたのでほんとうに地獄である。数科目受けなければ取れない資格で、いつも試験が7月と1月にあるんですが……放送大学をご存知のかたはもうお気づきであろう、放送大学の期末試験とどちらもだだかぶりであることを……
 いやもうどちらもわかってて始めたので続けるからにはまたそんな感じになるんだなハハハと思うことにしています。大丈夫、本気でだめだと思ったらどちらも途中だろうがなんだろうがセーブするから。放送大学に関しては休学もできますし。
 学習方針あれこれまで細かく開示するかどうかはともかく、大学に入った理由の最大のところは「卒業論文が書きたいから」です。テーマは決まってない。大丈夫かね。現時点での最終学歴を論文を書かずに終えているので、そのあたりの内容もですが論文記述の作法を身につけたくて。ここ数年で触れるようになった論文や評論、評論型エッセイがとても面白かったので自分でも書いてみたくなりました。創作系オタクの典型的行動パターンとも言える。
 数年は二足の草鞋でうろうろすることになりそうです。楽しいことがあったらまた呟くので応援してやってください。あといつかどこかよりプライベートな環境で、総合大学などでの卒業研究経験者のかたの体験談が伺えたら嬉しいです。

 

 ご覧のとおり、なのかどうかはわかりませんが、けっこうジタバタしています。現状の会社員としてのステータスだけで今後も生きていけるとはあまり思っていなくて、かといってここから先何ができるのか、それ以上に何「か」できるのか、すべきか、して構わないのかが(当たり前ですが)見えず、けれど立ち止まっているよりはましなはずだと思って手当たり次第にやっていることの大きなひとつ、という感じ。学習そのものが楽しいのでそれとして安らぎを見出しつつ、基盤レベルではまだまだ年単位で苦しい日々が続くんだと思いながらやっていきます。終わった時に新しい道が開けているのか、あるいはもうここまでとすっぱり諦める境地に立つのか、まだその気配さえ掴めそうにありません。